衣替えの由来って?

季節の変わり目を感じると衣替えをしなければという気持ちになりますが、衣替えの由来についてご存知でしょうか。
現在、衣替えには二つの意味があります。
一つは、学校の制服などが季節に応じて夏服になったり、冬服になったりするというものです。
もう一つは自宅の衣服を夏物と冬物、春秋物などといったふうに分類し、必要に応じて取り出しやすい位置に変更したりするというものです。
ここでは前者衣替えの由来についてご紹介したいとおもいます。
衣替えの由来はそもそも平安時代に始まった習慣でした。
当時の中国の風習にならって4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えるというもので、主に貴族などの身分の高い人々のあいだでおこなわれていたようです。
当時は夏装束とよばれるものと冬装束とよばれるものがあったので、その二種類を替えるだけでした。
また、この頃は小物類も同時に季節の物と入れ替えていたようで、当時の貴婦人である「女房」が持つ扇を冬はヒノキでできたもの、夏は紙と竹でできたものに替えることが定められていたようです。
鎌倉時代には衣服だけでなく調度品まで季節の物に取り換えるようになったようです。
さらに江戸時代になると着物の種類が増え、庶民のあいだにも衣替えという習慣が一般的になってきました。
こと細かく決められるようになったのはこの時代で、特に大奥では時期や身分によって着るものが厳しく分類されていました。
また武家の制服も細かく分類されるようになりました。
春にあたる4月1日から5月4日までと、秋の9月1日から9月8日までは袷(あわせ)と呼ばれる裏地の付いた着物を着用し、夏の5月5日から8月末までは、麻で仕立てた帷子(か たびら)と呼ばれる裏地のない薄手の着物を、9月9日から3月末日までは綿入れ(わたいれ)と呼ばれる、表布と裏布の間に綿を入れた着物を着るといった、年に4回もの衣替えが細かく定められるようになりました。
明治時代になると官公庁や銀行などで勤務する人々の制服に夏服と冬服が定められました。
この習慣は現代でも学校の制服やホテルなどで残っています。

現在では衣替えの由来となった中国では習慣は残っておらず、日本特有のものとなりました。
ちなみに「衣替え」という言葉の由来ですが、明治時代までは「更衣」と呼ばれていたようです。
しかしこれが天皇の着替えの役目をもつ女官の職名とまったく同じであったことから、民間では「衣替え」と呼ぶようになりました。

お役立ちリンクや関連リンクです。

借金が返せない
借金返済のことで弱っている方、一人で悩んでないで、司法書士・弁護士というプロに相談してみてはいかがでしょう?今頃では無料相談を受けてくれる相談事務所もありますので、借金返済問題に関しては、まずは無料相談して一歩を踏み出しましょう。

お役立ちサイトや関連サイトの紹介

返せない借金の相談を無料で
借金返済のことで弱っている方、一人で悩んでないで、司法書士・弁護士というプロに相談してみてはいかがでしょう?今頃では無料相談を受けてくれる相談事務所もありますので、借金返済問題に関しては、まずは無料相談して一歩を踏み出しましょう。