着物の衣替えって?

日本人の心とも言える着物(和服)、その着物の衣替えはいつごろの時期がいいのでしょうか。
そもそも衣替えというのは古くは宮中の行事として始まり、当時は年に2回春(4月1日)と秋の時期(10月1日)に行われていました。
そしてその後江戸時代に年4回の衣替えが定められたとされています。
ところで、着物の種類が季節に合わせて4つの種類があることをご存知でしょうか、春は裏地のついていない単(ひとえ)、夏は透ける素材の絽(ろ)や紗(しゃ)麻(あさ)の着物を、秋には春と同じ単をそして冬に裏地がついている袷(あわせ)や袷に綿を入れた綿入れ(わたいれ)という具合に分けられているそうです。
さて洋服でも一苦労する衣替えですが衣類を守るという大事な役目があります、同じ物を着続けていれば当然汚れてきますし、痛みもでてきます。
また、普通の着物を持っていなくても浴衣を持っている人は多いと思いますが、浴衣もれっきとした着物です。
年に1回着るかどうかだったり、着ない年もあると思いますがあまり着る事がないからといって箪笥に入れておけば安心と言うわけではありません。
着物の衣替えは手間もかかり場所もとるので大変ですが、天然素材の繊維は湿気を嫌う為しまいっぱなしにしているといカビが生えたり虫に食われたりすることもあります。
ですから着物の衣替えは状態を確認する為にも必要だと言えます。
特に夏に着る浴衣は汗で湿気を帯びる事があると思います。
したがって着物を脱いだ後は必ず広げて体温でついた湿気をとり虫を寄せ付けない様に匂いを飛ばす風のあたる場所に干して置き、また一番汚れやすい袖口・裾・襟・上前を乾いた布で拭いて汚れを確認してからしまいます。
もし染みや汚れがあった場合は、自分で処理をしないで専門店に依頼しましょう。
、なぜなら洋服でも同じですが間違った処理をすると染みが広がってしまったり生地を痛める事になるからです。
そして気を付けていたにも関わらず汚してしまったら、出来るだけ染みや汚れがついた状況や原因を詳しくクリーニング店に伝える事で適切な処理をしてもらえ安心してまた着る事が出来ます。
それから、気に入った洋服は大事に保管や衣替えをしていると思いますが、着物の衣替えも同様に面倒がらずにすることで季節を楽しむ事も出来ますよ。
また着物は年代を超えて永く着る事が出来るので、着物の衣替えをして大事に保管しておけば古い物であっても子供や孫に残す事も出来ます。

関連ページ

スーツの衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
布団の衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
秋の衣替えのタイミングは?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。