スーツの衣替えって?

社会人ともなれば、ビジネスでも、冠婚葬祭でも必要となるスーツですが、季節に応じてきちんと衣替えをすることが大切です。
ビジネスマン、特に営業マンにとって、また、就職活動中の学生には切っても切れない存在です。
ただし、彼らにとって必需品のスーツも、きれいに着こなせていなければかえって悪印象を与えることになります。
夏になると、街では背広を片手に汗をふきながら歩きまわる男性を見かけます。
そんな人をみると気の毒に思えますが、不快な印象を持つ人もいるかもしれません。
営業マンであればなおさら、周りからの印象は大切にしなくてはいけませんよね。
また、何より自分ができるだけ快適に仕事をしたいものです。
夏物のスーツ売り場に出かけると、清涼、軽涼とうたわれるスーツをよく見かけます。
そういったスーツは、生地にこだわり、暑い夏を乗り切る工夫が随所に見られ、暑い外を歩きまわるビジネスマンの強い味方となっています。
洋服の青山のハンサムスーツは、驚きの熱遮断効果があるようです。
セラミックが生地表面に付加され、赤外線を反射することにより熱を遮断します。
また、超微粒子ダイヤモンドが消臭、抗菌効果をもち、汗をかく人も気にすることなく着られる優れものです。
他にも、軽量、通気性にこだわったタイプ、家で洗える経済的なタイプと様々取りそろえられています。
そんなスーツに衣替えすれば、暑い夏もスーツで快適に仕事ができそうですね。
また、見た目の印象を涼しげにするためには、色選びも重要です。
夏は、暗い色ではなく少し薄めの色を選んだ方が涼しげな印象を与えることができます。

ただし、汗をかきやすい人は、汗じみが気になってしまうこともあるのでその点も考慮して選んだほうがいいようです。
スーツは、季節を問わずオールシーズン着られるように思われがちですが、やはり、季節に合わせて衣替えをすることが大人としての作法ですね。
また、日本人にとって、衣替えは洋服を入れ替える作業というだけではなく、1つのイベントとして存在しています。
冬物から春物に衣替えをする時は、春の訪れに心もウキウキしてきませんか。
6月1日と10月1日は衣替えの日と昔からよく言われますが、そういう節目を作ることで、気持ちの入れ替えもしているのです。
また、暑い夏、寒い冬が来るということを憂鬱に思いがちですが、服を入れ替えるという作業の中で、吹き飛ばすことができます。
衣替えというイベントを通して、心機一転、新たな気持ちで仕事に、勉強に向かえたらいいですね。

関連ページ

着物の衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
布団の衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
秋の衣替えのタイミングは?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。