布団の衣替えって?

布団の衣替えってしていますか。
「たまに干すだけで衣替えも洗濯もしてないよ」「冬には毛布を足すだけだ」そんな方、多いのではないでしょうか。
布団は仕事に出かける時のスーツや制服と同様、眠りに向かう時に必要不可欠な道具なので、時々メンテナンスしてあげましょう。
服などと一緒で衣替えもしてあげる必要があるのです。
では掛け布団だけ換えれば良いのか、というとこれは大きな間違いで、汗などを吸って汚れるのは敷布団も一緒です。
衣替えの時はぜひ両方共交換してあげましょう。
夏場にあまり冷房を使わず過ごしている方は特に注意が必要です。
汗っかきの人に関しては言うまでもありません。
とはいえ具体的にはどうすればいいのでしょう。
色々と面倒だという人には、洗える衣替え敷き布団と冬用の掛け布団のセットがお勧めです。
人間は暑さと寒さに非常に弱いですが、暑い時に冷房のように涼しくなる布団というものはありません(ある程度寝苦しさを解消するものはあります)。
したがって夏場は、タオルケットなどを冷えやすいお腹などにかけておけばそれだけで十分です。
寒くなって来たら衣替えで出してきた掛け布団を使い、もっと寒くなったら毛布を追加しましょう。
敷き布団は衣替えのタイミングでカバーを外し洗濯して、ついでにマットレスも水洗いしましょう。
値段によって自分で洗えるもの洗えないものがありますが、出来れば自分で洗えるものを購入することをお勧めします。
衣替えセンサー付きのものもあるので、一生ものだと思って思い切って高いものを買うのも良いかもしれません。

それから、衣替えでしまう場合には、湿気に注意して保管するようにしましょう。
布団によっては収納に便利な圧縮布団袋を使えないものもありますので、メーカーの注意書きなどを参考にしつつ保管方法を考えましょう。
一般的には衣装ケースにしまう方が多いようですが、個人的には押し入れの中の乾いた布団の匂いも好きです。
風通しの良い家に住んでいる方は、押し入れへの収納も考えてみると良いかもしれません。
そして、しまう前には、必ず干して湿気を飛ばしましょう。
そうすることで、匂いやカビなどの予防になります。
また、無精でない人は夏用の薄い掛け布団と冬用の布団を用意して、使い分けると快適に眠れると思います。
忙しくて毎日寝る時間がないという人ならともかく、布団というのは自分の一生で一番肌に接することが多いものです。
清潔で快適なものを使いたいですね。

関連ページ

スーツの衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
着物の衣替えって?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
秋の衣替えのタイミングは?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。