衣替えの時のクリーニング

衣替え時のクリーニングは何かと面倒ですが、自分でやるのではなくプロに任せるという方法で、何倍も楽をすることが出来るようです。
自分でやる場合は、まず衣替えをする衣服のピックアップからはじめなければいけませんし、しまう服が決まったら今度は綺麗にクリーニングしなければなりません。
そしてその後の収納を経て、晴れて次の季節への準備が整うのです。
自分で洗濯して綺麗にすることも出来ますが、見ただけでは気付かない汗や汚れなどが、カビやシミ、虫食いの原因になってしまう事もあるので、楽をするという目的だけでなく、プロに任せた方が安心です。
気に入った服が、衣替えの時に出してみたら悲惨な状況になっていた……というのは男女共に避けたい事態だと思います。
洗濯クリーニング業者は衣替えに便利なサービスも色々と展開しています。
ピンからキリまで様々な業者がありますが、クリーニング師とリフィニッシャーがいるところが特にお勧めです。
法律ではクリーニング師を最低1人は店舗に置かなければならないことになっていますが、守られていないという噂もちらほらと聞くので電話などで確認した方が良いでしょう。
また本当にクリーニング師の方が作業してくれているのかもチェックポイントです。
リフィニッシャーについての規定は法律では定められていないので、こちらも要確認です。
国家資格であるクリーニング師は、素材やデザインを考慮して、キチンとクリーニングをしてくれる人のことで、いわば洗濯のプロフェッショナルと言えます。
また、リフィニッシャーはクリーニングだけでは落ちないシミをきれいにしてくれる人で、一般的な洋服だけでなく、バックや帽子などを新品に限りなく近く復元する職人さんです。
今のところあまり知られていない業種ですが、リフィニッシャーが在籍しているかどうかで仕上がりがまるっきり変わってしまいます。
ちなみに、クリーニングしたものを最大6ヶ月預かってくれるサービスをしてくれるところもあります。
そういったところに預けておけば、衣替えした衣服の保管場所にも困らずに一石二鳥です。
専門の倉庫を持っているか、衣服にとって快適に保存してもらえるか、防犯対策は納得のいくレベルか、などとチェックする項目は多いですが、収納スペースが大幅に省けるというのはやはり魅了的ですね。

「気に入った服は出来るだけ永く着続けたい」「衣替えの季節には、いつも憂鬱になる」というオシャレな方たちは、一度衣替え時のクリーニングをプロに任せることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

衣替えの時は洗濯をしっかり
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
衣替えで収納を工夫しよう
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。