衣替えで収納を工夫しよう

めんどうくさいと思われがちな衣替えですが、ちょっと収納方法を工夫するだけで簡単で手軽におこなうことができます。
衣替えはスムーズにおこなわないと変化する気温に対応できず、体調を崩してしまうということもあります。
ぜひよいタイミングでおこないたいものです。
また、その際収納方法が整っていないと、服を洗ったはよいもののしまう場所がないのでいつまでたっても洗濯物の山が部屋の片隅にあり、その山を毎日ひっくり返しながら洋服選び、などということになりかねません。
まずおすすめなのは、デッドスペースの有効活用です。
押し入れの天袋やクローゼットなどの、踏み台を使わないと手が届かないぐらい高い段には何も入れていない、なんてことはありませんか。
もうシーズンを過ぎた衣服は、まとめて上にあげてしまいましょう。
透明の衣装ケースは便利ですが、キャンバスや布でできたケースが軽くて通気性もいいので、高いところに衣類を収納するのにはおすすめです。
また、たくさんしまおうと大きめのものを選んでしまうかも知れませんが、今後高いところで出し入れすることを考えると、大きいケースを一つよりも中ぐらいの物を二つ購入したほうが収納しやすいです。
そしてまさに今の時期に必要な洋服は、ハンガーにかけるか衣装ケースに入れましょう。
衣装ケースは買い足しのきくメーカーのものを購入すると良いですね。
引き出しケースなら、その次の衣替えのときも引き出しごと入れ替えるだけで済みますから、深さを統一しておくと便利です。
また、服をこのケースにしまうときは上へ重ねてゆくのではなく、服を縦に並べて中身を一目瞭然にしておくと良いでしょう。
どんな服を持っているか把握することによって、似たようなものをまた買ってしまったという無駄も省けます。
そしてこの衣替えをするタイミングでぜひやっておきたいのは、手持ちの服を整理することです。
衣替えというと大量の衣服を出し入れするというイメージがありますが、それは間違いです。

この時にもう着古してしまったり流行遅れになってしまった衣類をまとめて整理することで、クローゼットの中身をスリムダウンすることができます。
一年間、一度も袖をとおさなかった服は寄付するか捨てる、というふうに自分でルールを作っておけば、「いつか着るかもしれない」と思っている服がどんどんたまってしまい、押し入れの中が満杯になるという状態を回避できます。
上手な収納術を駆使して、スムーズに衣替えをしたいものですね。

関連ページ

衣替えの時は洗濯をしっかり
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。
衣替えの時のクリーニング
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。