衣替えのコツって?

衣替えはコツをつかんで一度しっかりやっておくと、次からの手間が少なくてすむようになります。
上手な衣替えのコツをいくつかご紹介しましょう。
夏物を出すのは6月の上旬、夏物を着る機会が増えてなおかつ梅雨に入らない乾燥した時期です。
できれば前日から晴れが続き、空気が乾燥している日を選んで衣替えを行いましょう。
冬物は最近我が家では10月の下旬すぎころに出すことが多くなりました。
いつまでも暑い日が続くことが多いのですが、その頃には気候も落ち着いてきますね。
衣替えの一番のコツは、自分がどんな服を持っているのかを一度把握しなおすことです。
全てを一度出してコートやセーターといった完全な冬物と、ノースリーブや半袖・麻素材など完全な夏物に分けます。
さらにその中間に着る薄手の長袖や7分袖の服というカテゴリーにも分けます。
その中で、ここ3年間全く忘れ去っていた衣類や傷みがひどい衣類に関して処分という決断を下します。
リサイクルに出すものや思い切って雑巾にするものなど分別してビニール袋に入れておきましょう。
また滅多に着ないけれど捨てるわけにもいかないフォーマル服は風を通して傷みやカビがないかチェックします。
棒カビ防虫処置をしたら、普段使わない取り出しにくいクローゼットなどにしまいましょう。
その際は写真を撮ってミニアルバムに入れておくと、何がどこに入っているのか分かりやすくなります。
靴やバッグも同様です。
頻繁に着る服は、仕事着とカジュアルに分けましょう。

薄手の長袖や7分袖など春秋の長い時期に着るものは、いつも使うたんすやクローゼットに専用引き出しを決めて通年入れておきます。
こうすればちょっとした片づけ物の時に整理するだけで済みますし、衣替えの労力が半減します。
たまに引き出しから全部出して前後を入れ替えると、まんべんなく着回しができます。
色毎・袖丈ごとの収納も忙しい朝にはとても便利です。
こうしておくと衣替えは真冬に使うコートやセーター類と完全な夏物だけになります。
一度でも袖を通したものは、クリーニングに出したりおしゃれ着専用洗剤で洗ったりしておきましょう。
思わぬシミを防ぎ、虫食いも防止します。
衣替えで困るのが、あまり着ないけれど捨てるのももったいない「普段着よりちょっと上」レベルの服ですよね。
完全にどうでもよい服でもなく、完全に割り切ってとっておける高級さもない…本当に悩みます。
特にダイエット後やリバウンド後にはこの手の服が大量に出ます。
やはりこうしたものはサイズを明記して衣装ケースに一まとめに入れておくのが賢明でしょう。
現在稼働中の服と混ざらないように一番取り出しにくい場所にいれておくのがコツです。
そして数年に1度見直して、シミが出たりあまりに古びてきたものは処分しましょう。
和服の衣替えも同様です。
一度衣桁にかけて湿気を飛ばし、もう一度たたみなおしてたとう紙に包んで収納します。
お太鼓柄の帯などは折しわが付く位置にも気をつけましょう。

和服の場合はたとう紙に包むと外から柄が分からないので、写真を貼っておくのがコツです。
慶弔と訪問着・付け下げ・普段着・紬に分け、さらに長じゅばんや帯も同じように分けて収納しましょう。
滅多に出番のない慶弔で使うバッグや紐類などの小物はなくさないようにひとまとめにして箱に入れ、中身がすぐに分かるように外に明記しておくのが賢い収納のコツですね。
特に弔事は急でバタバタしますので、普段の収納術がものをいいます。
家族やお稽古事・趣味が多ければますます大変な衣替えですが、コツをつかんで上手になれば手間や労力も減らせます。
普段から収納上手になって、無駄なスペースや買い物も減らしていければ良いですね。

関連ページ

衣替えの方法って?
衣替えの由来をご存知ですか?平安時代に貴族たちの間で行われていた風習のようです。コツを覚えてくと、衣服の整理がとてもしやすくなります。この機会に学んでみましょう。